3月
2017

ひざサポートコラーゲンが低高分子構造でできているというのは何故

ひざサポートコラーゲンの低分子構造にはどんな意味があるのでしょうか。

ひざサポートコラーゲンと低分子構造のメカニズムをお話ししてみます。

・低分子は患部に届くまでの時間が速い。

ひざサポートコラーゲンには“低分子のコラーゲンが含まれている”と商品広告などにうたわれています。

ひざサポートコラーゲンにある低分子構造とは“粒子がナノレベルの非常に細かい粒子”でできていて、低分子であるため吸収が非常に速やかで、膝関節に届くまでの時間が短くて済みます。

溶けやすくて飲みやすい、どんな料理にも使えるということにも低分子が役立っています。

・1粒の構造が小さくなれば吸収力が高まる。

これまでに発売されてきた他社のコラーゲン製品は、粒子の1粒ずつが結合してしまっているうえ、細長く連なった状態であったため、飲み物などへの馴染みやすさ、吸収力、また必要なところに届くまでの時間に問題がありました。

時間がかかれば効力そのものが弱まり、膝の痛みの軽減力も半減すると考えられます。

そうなると1日当たりの分量を増やしても結果は上がらないため、結局のところ「コラーゲンを摂取しても効かない」という風評だけが目立ってしまいます。

・ひざサポートコラーゲンが低分子構造でできている理由には、痛みの軽減などの実感を、より多くの人に体験してもらうためです。

ひざサポートコラーゲンが低分子構造に取り組んだのは、膝関節の痛み軽減が、低分子効果によって早まるという確証があったからです。

同社のホームページにあるそれらの機能性や臨床結果を参考にしてください。